読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

越中國日帰り

f:id:pelerin:20170302224901j:image

 

 信州へ越して来たことにより生ずる大変嬉しいことの内の1つとして、北陸が近いことが挙げられる。美しい日本海と、ものづくりの文化、上質な食のある地域。殊に幼少の頃より魚好きの私としては、新鮮な魚介類の誘惑には抗えない(山国信州には美味しい魚は殆ど無さそうだし)。という訳で、車で日帰りで越中國(いわゆる富山県)へ鮨を食べに行って来た。

 

f:id:pelerin:20170304215552j:plain

 

 越中国内の回ってない寿司屋では、富山湾で獲れたネタのみをセットにして2000円~3500円で提供する「富山湾鮨」という企画をしているので、地物を食べたいよそ者としてはとても有難い。私は一昨年この企画を知り、氷見の寿司屋へ食べに行ってその美味しさに感銘を受けた。そして、信州へ引っ越したら氷見の寒鰤を食べに行くことを目標にしていた。それを叶える為の、此度の日帰り。

 今回は、一昨年訪れた氷見の寿司屋さんは定休日だったので、富山市内の別の寿司屋を選んだのだが、これもまた絶品であった。このお店の富山湾鮨は10貫で、 ひらめ、くるま鯛、ばい貝、甘えび、ぶり、しめさば、あじ、白えび、かに、ほたるいか が出て来た。これで約3400円。味から考えると、格安だと思う。越中國内の回転寿司屋であれば、同じ値段で倍の量の鮮度の良いネタが味わえただろうが、やっぱりどうしても回転寿司だと、シャリ、海苔、醤油、山葵、お茶、汁物などの味は回っていない美味しい寿司屋より劣るし(もちろん回っていない美味しくない寿司屋も沢山あるが)、目の前で美味しそうな魚がクルクル回っているのでそれに気を取られて味わうことに集中できないという難点がある。回っていない寿司屋で美味しい寿司を食べていると、ご馳走を食べているという感動がある。好きな食べ物ランキング不動の一位は寿司だなあ、と実感した。ああ幸せ。

 

 

 寿司屋を後にしてから、富山市の中心街をブラブラした。シムシティ好きならば多分萌え萌えになるであろう、新幹線駅に路面電車が出入りする光景を拝めた。

 

f:id:pelerin:20170302230245j:imagef:id:pelerin:20170302230258j:image黒い低床車かっちょいい

 

 

f:id:pelerin:20170304215356j:plain富山駅の電停

 

f:id:pelerin:20170304215347j:plain

 

 

 日帰りだったのでゆっくりは出来なかったが、昼の寿司と、土産で買った鱒寿司は本当に美味しかった。たまらない。今度は1週間くらいかけて、越中能登~加賀~越前~若狭の北陸食い倒れツアーをやりたいなあ。越中の首都富山まで、信州から高速で3時間半。近い近い。