「言論の許容範囲が狭すぎる」 言い得て妙

Newsweekより引用

 

 

スワローズ戦の3塁席で僕が失った表現の自由 - パトリック・ハーラン パックンのちょっとマジメな話

 

神宮球場で「相手チームの応援は禁止」というルールを守った日、日本式コミュニケーションの落とし穴に改めて気付いてしまった――>

ヤクルトファンはつらいよ。

今まであまり公表したことはないが、僕はひそかにヤクルトスワローズを応援している。理由は、彼らの屈しない勇敢な野球精神に惚れたってところ......というより、スタジアムがわが家の近くにあるという都合の良さに尽きるのかもしれないけど。

でも、20年も連れ合えば、情が移ってしまう吸引力がヤクルトにはある。今は大好き。

ヤクルトファンがつらいのは間違いないが、それは負け続けるからではない。確かに、「都民ワースト」と巧みに揶揄されている今年は特にひどいが、以前から「負ける」ことにはそれなりに免疫ができている。同じヤクルトファンの村上春樹さんもエッセイに書いているが、「まあ人生、負けることに馴れておくのも大事だから」という思いで観戦する同志が多い。

逆に、弱くても応援するのがヤクルトファンのプライドだ。先日、神宮で聞いた私設応援団長の言葉がそれを表していた――「勝っているチームを快適に応援するのは他の球団でできること! 雨に濡れながら、負けているチームを一生懸命応援するのはヤクルトファンの宿命だ! これからだぜ! 声を出そう!」。その直後、ヤクルトの打線は三者凡退。試合もぼろ負け。


実のところ、ヤクルトファンの僕にとってつらいのは負けることよりも、ホームゲームだというのに、人気チームと対戦するときのアウェイ感が半端ないところ。

以前、阪神戦の日、いつも通り当日券を買おうと「指定席を1枚ください」と言ったら、販売員が「申し訳ございません。ヤクルト側しか残っていません」と謝ってくれた。いやいや、ここは神宮球場だし。僕はヤクルトの帽子をかぶってるっていうのに、あなたはタイガースファン前提で話すんだね。試合開始前からデッドボールを食らった気分だった。

そんな仕打ちを受けたってへこたれない。先月、家族で日本ハムとの交流戦を見に行ったとき、うれしいことが起きた。ヤクルト側が売り切れだった。「とうとうスワローズブームが来たか?」と微笑みながら、喜んで3塁側の席に座ることにした。

しかし、またそこで悲劇だ。買った後に気づいたが、チケットの表面に「こちらの座席で相手チームの応援、応援グッズの着用、使用は禁止です」と書いてある。「まあ、変なルールだけど、そもそも日ハムの応援をしようと思ってなかったからいいか」と思った。

しかし、席に着いた瞬間に分かったのは、この場合の「相手チーム」はヤクルトのことだった。つまり神宮球場にいながらも、ホーム・チームの応援はできないことになる。息子の「山田哲人」コールを止めるのは大変だった。

ちなみに、上で触れた村上春樹さんのエッセイの題名は皮肉にも「球場に行って、ホーム・チームを応援しよう」なのだ。
 
(さて、もちろん野球の話だけでニューズウィークのコラムを終わらせるわけにはいかない。これからが本題のプレーボールだ。)



3塁側のビジター応援席に座ることで表現の自由を失った僕は、いつもよりも悔しい思いで試合を見始めた。でもこの思いは初めてではない。アメリカ育ちの僕が日本で暮らしながら、定期的に経験する種類のものなのだ。超大好きな国だが、言論の許容範囲が狭すぎるとよく感じる。

幼稚園のときから子供たちは全員同じ帽子、体育着、上履きを身に着ける。受験勉強で同じ情報を与えられ、試験で同じ答えを求められる。成人すると同じリクルートスーツを着て、就活マニュアルで同じ模範解答を参考にする。入社式の写真を見ると、企業側も同じ服装、同じ髪型の、同じような人を採用している。

球場でも同様の現象が起きるようだ。アメリカみたいに適当に席を選び、好きな言葉と自分のタイミングで応援したり、野次ったりはしない。日本では、自分と同じチームのファンに囲まれるように座り、周りと同じコールを同じタイミングで大合唱する。最初は驚いたが、社会の傾向を見れば、これは当然の結果かもしれない。実は慣れると楽しいし。だいたいのコールは普通に覚えてるよ。Go, Go Swallows!



そう。僕は自分の順応性の高さを自負している。周りに合わせることができるからこそ、低空飛行で日本の芸能界で20年も飛び続けることができていると、十分自覚しているのだ。だから、その日はもちろん球場のルールを守った。しかも、回りにあわせて少し日ハムを応援してみたら、それなりに楽しかった。日ハムが勝ったし。でも、やはり違和感は払拭できない。応援したチームが勝つことに慣れていないからかもしれないけどね。

いや、それだけではないかな。僕の持論だが、学校も企業も政府も目標に掲げている「想像力、発想力、コミュニケーション能力アップ」を実現したいんだったら、普段から、そして子供の頃から、もっと国民に自由な行動と表現をさせるようにしないといけない。

国民が自ら、自分と違った意見の持ち主を近くに置くようにしないといけないとも思う。教室でも会議でも、そして球場でも、見解や価値観のダイバーシティを志すことが大事。相手チームの応援を禁じるのではなく、むろん促すべきではないか。フィールドだけではなく、スタンドでもぜひ交流戦にしよう。


 

 言いたいことは非常によくわかる。私はどのチームのファンでもなく、球場に行ったときは、選手の良いプレーにはチームの区別なく拍手を送りたい(ヘボいプレーには野次を飛ばしたい)。

 

 日本では「同じ人間」を生産するシステムが出来上がってる。パックンの言うように、日本の学校や企業は、生徒・従業員に同じ格好をさせて、同じ勉強をさせて、同じ様な能力を持った人間を作っている。

 首都圏に住んでいた頃は、機械的で融通が利かなくて人間味がない機械人間だらけだと感じることがよくあった。それは私にとって、かなりつまらないことだった(ま、農村部や小さな商業都市だって「出る杭は打たれる」世界だけど)。

 

 何せ人間の多様性が足りないんだよなぁ、この島国は。いつからこうなった?武家社会のせい?明治維新から?太平洋戦争から?

 

 

独裁ならず

 どうやら安倍独裁政権は成立しない模様だ。安部首相退陣のカウントダウンが始まっている。
 しかし、都議選の様子を見ると、民主党政権交代した頃を思い出す。あれは一瞬の祭りの様に終わってしまい、その後で安倍独裁寸前政権が誕生することになった。自民党を選んだのは国民なんだよな。安倍を独裁寸前まで行かせた責任は国民にもある。今回も二の舞にならなんだらいいけど(いや、三の舞、五の舞...百の舞くらいかも)。日本人は賢くないからね。


 それにしても、前川さんが出てきてくれていなかったら、本当に独裁政権が成立していたかもしれない。そんな国を民主主義国家とは呼び難い。とても情けない。アメリカが輝いて見えてしまう。あそこほ政権に公然と逆らうことが許容されている。なんだかんだ大きな問題はあるけれど、アメリカはまだ多様性と民主主義のある国なんだろうなぁ。少なくとも日本よりは。

いらざわ

f:id:pelerin:20170618073447j:plain

 

 カミーノ・デ・サンティアゴ北の道を歩いてから約1年が経つ。近頃、あの旅のことを思い出して、胸がざわつくことが増えてきた。写真を見ると、当時の感情やその場所の空気感が蘇ってくる。言葉が不自由な為、いつも緊張感があったが、日本には存在し得ない風景や人々との出会いは、財産だ。知らぬが仏だったのかもしれないけれど(笑)

 最近、日本に独裁政権が誕生してしまったので、イライラと絶望でスペインに逃避したくなってしまうわ。その件については本当にイライラするので、また書こう。

 

f:id:pelerin:20170618075502j:plain

海はこの心を慰めてくれそうだ・・・

 

f:id:pelerin:20170618080107j:plain

雑踏の中にこの身を隠したい・・・

 

f:id:pelerin:20170618080423j:plain

ただの「巡礼者」として埋没したい・・・

 

 

 

・・・

 

 

田植え完了

f:id:pelerin:20170531112448j:plainf:id:pelerin:20170531112522j:plain


棚田の田植えをしてきた。面積が85平米程度と小さいので、サクッと終わった。
天気も、紫外線は強かったものの涼しく、農作業しやすかった。そして何より景色が大変美しかった。
何でこんなに綺麗なんだろう?と思うのだが、天然のものに、人が暮らしやすいように適度に手が入れられた風景というものは、人間を安心させるのだろう。この棚田と善光寺平も、深い森のままであったら見通しが悪いし、どこに何がいるやらわからない、という不安感を人間に生じさせるだろう。

f:id:pelerin:20170531113815j:plain


今後の棚田の作業の流れは、次週からは、2週間おき程度に草取りをして、9月末に稲刈り、10月に脱穀となる。果たして今年はどれ程年貢を納められるだろうか。

棄民

「心の除染」という虚構

「心の除染」という虚構

  • 作者:黒川 祥子
  • 出版社:集英社
  • 発売日: 2017-02-24

 

 読んでいると腸が煮えくり返ってくる本。3.11の原発ボカンで放射能汚染されたものの、国から避難勧告される程の放射線量は記録されず、しかし子供達が原発事故前と同じ様な生活をしていたら簡単に被爆して甲状腺に異常をきたしてしまう様な地点も存在する自治体であった(ある)福島県伊達市で行われてきた棄民政策と、そこで暮らす人々のルポ。

 何に腹が立つかというと、伊達市長をはじめとした伊達市役所と福島県庁と原発の取り巻き共が、人々(特に子供達)の健康について全く心を砕かず、原発事故の被害を小さく見せかける為、そして、市の人口を減らさない為に、あれやこれや汚い策を打って放射能汚染による人体への影響を過小に評価することだ。放射線量が高い地点に住んでいる子供達が、「どうせ自分はもう結婚なんてできない」と自暴自棄になってさえいるのに。

 更に悲しいのが、最初は子供を持つ親同士で連帯して市への抗議を行っていたのに、途中から、市の政策により、放射能汚染の補償をされる世帯とされない世帯とに分断されてしまうことになり、補償された世帯の親達が、補償されない世帯の親達の悪口を言ったり、抗議活動の足を引っ張ったりする様になってしまうこと。この、補償された親達の掌の返し方は、非常に人間らしいなあと思った。

 

 本書の中には、被害者達に救いの手を差し伸べてくれる人も登場するものの、総じて、人間の醜さ、冷たさ、利己性を改めて見せ付けられる内容だった。政府や役人は勿論のこと、一般市民もまるで信用できない。信ずるに値しない、小さな生き物だ。

 

その巧みな守備を見ると思わず感嘆の声が漏れてしまう、そんな選手がなかなかいない

 プロ野球中継はほぼ観ていないものの、「プロ野球ニュース」は週に6日、欠かさず観ている。私は巧い守備を見るのが好きなので(特に遊撃と二塁)、プロ野球ニュースではいつも野手の動きに着目しているのだが、「巧い!」と言わせてくれる様な選手がなかなかいない。レギュラーだと、広島の菊池くらいだなあ(ポジショニングと守備範囲と送球が凄い)。外野手だと、西武の秋山、中日の平田、オリックスの駿太が打球勘・肩の強さ・堅実さが揃っていて上手いと思うが、90年代の秋山、飯田、新庄、イチロー達には及ばないなあ。

 打撃もそうだと思うが、守備は先天的な感性や才能と、それを伸ばす為の効果的な練習が大事だと思う。ただ惰性でノックを受けているだけでは上達しない。例えば新庄は、高校時代に校舎の上層階から下に向かって生卵を放ってもらって、それを割らない様に柔らかく捕る練習をしていたそうな。巧くなる人は、何をしたら巧くなるかに気付いて、自分自身で創意工夫をしてるんだよなぁ。一方、才能だけでやってきた人は一定のレベルから上にはいけない。彼らの守備を見ていると、考えないで野球をやっていることがよくわかる(感性も才能もない私がいうのもなんだけど・笑)。

 

 そんな訳で、甥っ子をメジャーリーグで通用する遊撃手に育てるつもり満々のわたくしなのであった・・・

 

 

美しき春

 関東にいた時は、春は花粉症の症状が酷くなるので憂鬱な季節であったが、信州は関東程には花粉が飛んでいない様なので、春を楽しむ余裕がある。何せ、景色が美しいことだし。

 4/23は生まれて初めて北安曇郡池田町に行った。池田町は所謂「安曇野」と呼ばれる地域の北部に位置しており、私の生活圏である安曇野市松本市とはまた違った景色が拝める。やっぱり、物凄く美しかった。住みたくなってしまうくらい。

 

 

 

 

f:id:pelerin:20170424201856j:plain

空が真っ青だった

 

f:id:pelerin:20170424201904j:plain

水を張った田んぼと北アルプス

 

 

 信州の景色は何処も魅力的だ。まだまだ行き尽くせない。どの山も登ったことがないし、木曽なんて一歩も足を踏み入れたことがないし(中山道を京都まで歩く時の為に取っておいてある)、上伊那も下伊那もまだきちんと見ていない。時間が足りませんなあ。

 

 

◆ おまけ

 

f:id:pelerin:20170424203652j:plain

穂高にある美味しいスープとパンの店の可愛い前庭

 

f:id:pelerin:20170424202929j:plain

 松本城

 

 

f:id:pelerin:20170424201922j:plain

雪解け後の善光寺